立野ダムと白川流域の自然を考える県民の会

 ごあいさつ
 「立野ダムと白川流域の自然を考える県民の会」は、世界一のカルデラ・阿蘇と白川の清流、そして白川流域の自然とふる里を、自然のままの姿で未来に手渡そうと、設立準備を進めています。

 阿蘇外輪山の唯一の切れ目に建設されようとしている立野ダムは、百害あって一利もないこと。世界遺産登録をめざす阿蘇と、白川流域の自然のすばらしさと、それを破壊することの愚かさを、様々な活動を通して、住民の皆様や各行政機関に訴えていきたいと考えております。

 県内の一級河川でダムがないのは、白川だけです。コンクリートのダムをつくるのではなく、阿蘇の草原を守り、白川中流域の農業を守ることが、白川の治水や熊本の地下水の保全にもつながります。

 私たちは、平成24年3月までに会を立ち上げ、本格的な活動を始める予定です。会の趣旨に賛同いただける方は、ぜひご入会いただければ幸いです。皆様方のご支援・ご協力をお願い致します。
立野ダムと白川流域の自然を考える県民の会(準備会)

「立野ダムと白川流域の自然を考える県民の会」入会申込
エントリーフォーム
は必ず入力ください。数字は半角で入力ください。)


お名前


ふりがな かな姓
かな名
メールアドレス (半角で)
メールアドレス(確認用) (半角で)
電話番号
入力例:090-1234-5678(半角英数字、ハイフンのみ有効)
郵便番号 - (半角で入力ください)
都道府県
住所(市区)
住所(番地)
住所(建物名等)
参加にあたっての一言
一言の公開可否
公開する場合のお名前