南阿蘇鉄道の白川橋梁・立野橋梁が土木遺産に!

南阿蘇鉄道の白川橋梁・立野橋梁が土木遺産に選ばれました。いずれも昭和の初めに完成した、鋼製の鉄橋です。立野ダムが満水になれば、白川橋梁のアーチ部分まで水没してしまいます。立野ダムができれば、立野橋梁からの雄大な眺めも、高さ90mもの巨大なダムで台無しです。熊日新聞記事の立野橋梁を背景とした写真では、左の小林一郎氏の体が、後ろの立野ダム関連工事現場の部分を隠しています。誰でも目を覆いたくなる光景ですが、それはきちんと伝えるべきです。表記記事と、先月撮影した同地点の写真、国交省の立野ダム完成予想図です。3つの写真を見比べてみてください。
2015.12.2南阿蘇鉄道2橋梁土木遺産認定式 記事a立野黒川2015.10 (2)立野ダム完成予想図(国交省)

南阿蘇鉄道の白川橋梁・立野橋梁が土木遺産に! はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

Comments are closed.