11月26日、国土交通大臣宛に「立野ダムの穴の流木対策に関する公開質問状」を提出

11月26日、国土交通大臣宛に「立野ダムの穴の流木対策に関する公開質問状」を提出しました。国交省は、立野ダムの放流孔の上流側に設置される、20cmしかすき間がないスクリーンにはりついた流木は、「ダムの水位が上昇すると浮き上がるので、立野ダムの放流孔は閉塞しない」とホームページで主張しています。その根拠となる資料を情報開示請求したところ、国交省は8月に模型実験の結果を公表しました。それに対する公開質問です。以下、本日提出しました公開質問状のPDFファイルです。

立野ダム流木対策質問状2015.11

IMG_3528IMG_3530

11月26日、国土交通大臣宛に「立野ダムの穴の流木対策に関する公開質問状」を提出 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

Comments are closed.