7月12日(日)14時「河川改修と立野ダムの必要性は」

img031

7月12日(日)14時より、河川工学の第一人者である今本博健氏をお招きし、下記シンポジウム「河川改修と立野ダムの必要性は?」を開催します。河川改修を進めれば立野ダムをつくる必要はないことを明らかにします。皆様方のご参加をお待ちしています。まわりの皆様方にも呼び掛けていただければ幸いです。

●7・12白川大水害3周年シンポジウム
「河川改修と立野ダムの必要性は?~豊かで安全な白川を未来に手渡そう」
●日時 平成27年7月12日(日)14時開会
●場所 パレア会議室1(鶴屋東館9階)熊本市中央区手取本町8番9号
●講演 今本博健氏(京都大学名誉教授・河川工学) ●入場無料

7月12日(日)14時「河川改修と立野ダムの必要性は」 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

Comments are closed.