384件の住民の意見のうち立野ダム建設を求める意見は4件(1%)

みなさまへ
熊本河川国道事務所のホームページに、昨年10月から11月に行われた、白川水系河川整備計画[変更原案]に関する説明会で出た意見(82件)と、意見募集で出た意見(302件)がすべて掲載されています。

http://www.qsr.mlit.go.jp/kumamoto/river/shirakawa/shirakawa_kasenseibi/henkou.html
の中の、■ご意見募集についての「コチラ」から見ることができます。

住民の意見の大半が、立野ダム建設への疑問や、国交省が進める河川整備のやり方への疑問などで、住民からの意見(384件)のうち立野ダム建設を求める意見は4件(約1%)しかありませんでした。このことからも、立野ダムに関する民意は明らかです。立野ダム建設を住民が理解しているたとは到底言えません。

公共事業とは本来、住民の税金を使って、住民のためになされるものです。住民のために立野ダムを建設するのであれば、国土交通省は真摯に説明責任を果たすべきです。

384件の住民の意見のうち立野ダム建設を求める意見は4件(1%) はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

Comments are closed.