白川の水位激減の理由は?

白川の水位が激減しています。写真は、昨日撮影した熊本市の大甲橋から見た上流側と下流側の写真です。3枚目は普段の上流側の写真です。少雨と田植えの農業用水取水のためだと思います。熊本地震で崩壊した立野峡谷から流れてきた火山灰などが川底に大量に堆積していることがよくわかります。そのあたりのメカニズムは、6月16日にパレア会議室1(鶴屋東館9階)で開きます、九州北部豪雨7周年シンポジウム「大丈夫なの?白川上流に穴あきダム 再考・立野ダム建設」での中島 熙八郎先生(熊本県立大学名誉教授 京大論工博)の講演で明らかにされると思います。是非ご参加ください!

↑普段の大甲橋から見た上流側

白川の水位激減の理由は? はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

Comments are closed.