7月22日(日)18:30 九州北部豪雨6周年「立野ダムと白川の安全を考えるシンポジウム」

2001年からの「川辺川ダムを考える住民討論集会」でも住民側専門家としてご登壇いただいた、新潟大学名誉教授(河川工学・土木史)の大熊孝先生をお招きし、立野ダム建設と白川の安全、そして日本人の伝統的自然観と治水のあり方について考えたいと思います。是非ご参加ください。

■九州北部豪雨6周年「立野ダムと白川の安全を考えるシンポジウム」
●日時  7月22日(日)18:30
●場所 熊本市・パレアホール(鶴屋東館10階)
●講演 「日本人の伝統的自然観と治水のあり方」講師:大熊 孝氏(新潟大学名誉教授 河川工学)
●講師 大熊 孝(おおくま たかし)氏 新潟市潟環境研究所所長・水野駅ビュー福島潟名誉館長・NPO法人新潟水辺の会顧問・新潟大学名誉教授 1942年台北生まれ、千葉育ち、新潟市在住、東京大学工学部土木工学科卒、工学博士、専門は河川工学・土木史 自然と人の関係、川と人の関係を地域住民の立場を尊重しながら研究している。

20180722チラシ表面

20180722チラシ裏面

 

7月22日(日)18:30 九州北部豪雨6周年「立野ダムと白川の安全を考えるシンポジウム」 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

Comments are closed.