9月14日 毎日新聞1面に阿蘇・立野峡谷の柱状節理破壊

今朝の毎日新聞1面に、阿蘇・立野峡谷の柱状節理が破壊された記事が掲載されました。ここは阿蘇が形成された過程が良くわかる、貴重なジオサイト(地質上の見どころ)であり、後世に残すべき貴重な地質遺産でした。この約1㎞下流の立野ダム本体予定地右岸でも、素晴らしい柱状節理が見られますが、ダム本体工事が始まればそれも破壊されます。今回の記事に掲載された破壊された柱状節理も、立野ダムが完成した場合、満水の時は水没してしまいます。また、ダム水没予定地周辺の大半が土砂崩壊を起こしており、巨大ダムを建設するには地盤が悪すぎます。多くの人に、この許されない蛮行を知ってほしいと思います。

下の写真は、立野ダム本体予定地右岸の立野溶岩・柱状節理です。柱状節理と板状節理が交互に堆積しており、こんな柱状節理はどこにも見られません。(2014年4月19日撮影)

 

 

9月14日 毎日新聞1面に阿蘇・立野峡谷の柱状節理破壊 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

Comments are closed.