大津町議会で立野ダムを不安視する意見

6月11日の大津町議会の一般質問で、立野ダムを不安視する意見が出ました。立野ダム予定地直下流の外牧地区に住む山本議員は、熊本地震とその後の増水で仮排水路トンネルがふさがった事実を問題視。「万一、立野ダムの3つの放流孔が詰まれば、最初に被害を受けるのは外牧地区など白川流域住民だ」と懸念を示しました。

大津町議会で立野ダムを不安視する意見 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

Comments are closed.