8月17日 技術委員会、立野ダム容認の結論

8月17日に開かれた、初会合からわずか3週間の3回目の「立野ダム建設に係る技術委員会」は、あっという間に「立野ダム建設に技術的な課題はない」との結論を出しました。住民はモニターで会場の様子を見ることはできましたが、委員会の会場に近づくことさえ許されませんでした。同省が選んだ7名の委員も、同省の見解に疑問を呈することはありませんでした。

ダム湖予定地の大半が崩落し、多くの断層の存在も明らかになっているにもかかわらず、同委員会は「立野ダム建設予定地に考慮すべき断層はなく、岩盤の健全性に問題はない」。流木や岩石等で立野ダムの穴(高さ5m×幅5m)がふさがる懸念についても「穴がふさがることはない」と結論付けました。

しかし、今回の地震による土砂崩壊とその後の増水で、熊本市内など下流の橋脚には多くの流木が引っかかり、有明海にも大量の流木が漂着しています。それらの大半は阿蘇カルデラ内で発生し、立野ダム地点を通ったわけであり、穴がふさがらないはずはありません。現に、直径約10mの立野ダム仮排水路トンネルの入り口は、土砂や流木で完全にふさがっています。

阿蘇外輪山が立野で切れたのは、多くの断層が集中しているからです。火山地帯のカルデラの切れ目という、立野ダムの立地条件は最悪であり、流域に危険をもたらすものです。国土交通省は立野ダム建設を即時に中止し、917億円の立野ダム建設事業費を震災復興に充てるべきです。

8月17日の「技術委員会」に提出した文書です。技術委員会宛要請2016-8-17

2016-8-18%e7%86%8a%e6%9c%ac%e5%9c%b0%e9%9c%87%e7%ab%8b%e9%87%8e%e3%83%80%e3%83%a0%e5%bb%ba%e8%a8%ad%e5%ae%b9%e8%aa%8d

8月17日 技術委員会、立野ダム容認の結論 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

Comments are closed.