6月15日、国交省へ抗議文を提出しました

6月15日、国土交通省立野ダム工事事務所に「熊本地震後も立野ダム建設に問題はないとする国土交通省の記者発表に対する抗議文国交省へ抗議文」を提出しました。国交省の主張は、まわりがどれだけ崩れても、立野ダム本体をつくる場所は「大規模な崩落は発生していない」。すぐ近くを活断層が通っても、「立野ダム本体に向かわない」ということです。また、研究機関の資料の引用に関しても、国土交通省に都合の良い点ばかりを引用しています。抗議文は以下の通りです。

熊本地震抗議文2016.615

以下は、提出時の写真です。

IMG_3892aIMG_3894a

6月15日、国交省へ抗議文を提出しました はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

Comments are closed.