6月5日14:30緊急学習会「熊本地震と立野ダム」

■緊急学習会「熊本地震と立野ダム」
とき 6月5日(日)14:30開会
場所 パレア会議室1(鶴屋東館9階)
熊本市中央区手取本町8番9号 TEL096-355-4300
講師 須藤靖明氏(火山物理学者、阿蘇火山博物館学術顧問)
入場無料
===================================

今回の熊本地震で、立野ダム本体予定地では両岸が大きく崩壊し、工事用道路や現場事務所、工事車両なども崩落した土砂に埋まっています。国土交通省は、これまで「立野ダム予定地の岩盤は十分な強度がある」「立野ダム建設を行う上で特に考慮する活断層は存在しない」「地すべりは起こらない」等と主張してきたのですが、今回の地震でその全てが否定されたことになります。にもかかわらず、同省は調査もせずに従来の主張を繰り返すばかりです。

そこで、火山物理学者の須藤靖明氏(阿蘇火山博物館学術顧問)をお招きし、緊急学習会「熊本地震と立野ダム」を開きます。当会による立野ダム予定地現地調査の報告もいたします。立野ダム予定地周辺の現状は、大変重大な問題であるにもかかわらず、白川流域住民にほとんど知られていません。そこで、市民の皆様方に広く参加を呼びかけております。まわりの方を是非お誘いください!皆様のご参加をお待ちしております。

熊本地震と立野ダム

 

6月5日14:30緊急学習会「熊本地震と立野ダム」 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

Comments are closed.