Monthly Archives: 11月 2017

11月15日、立野ダムに関する要請書と公開質問状を国交省と流域自治体に提出しました

11月15日午前、国土交通省立野ダム工事事務所に「立野ダム工事を一旦中止し、県民に十分説明することを求める要請書」と「10月31日の国土地理院の活断層図「阿蘇」の公表と立野ダム技術委員会に関する公開質問状(その8)」を提出しました。同日午後には流域自治体に、「立野ダム工事を一旦中止し、県民に十分説明することを国交省に求める要請書」と「世界ジオパーク指定の阿蘇・立野峡谷の柱状節理破壊と立野ダム本体予定地右岸の柱状節理保存に関する要請書」を提出しました。以下、提出時の写真です。

国土交通省立野ダム工事事務所

菊陽町

大津町

南阿蘇村

阿蘇市

提出した文書です。

立野ダム国交要請書2017.1115

立野ダム公開質問状(その8)2017.1115

立野ダム流域自治体要請書2017.1115

首長宛 柱状節理破壊に関する要請2017.1115

11月15日、立野ダムに関する要請書と公開質問状を国交省と流域自治体に提出しました はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

11月15日、16日に立野ダムに関する要請書と公開質問状を提出します

10月28日の熊本市森都心ホールで開かれた県民総決起集会「立野ダム工事を一旦中止し県民に説明を」では、300名の参加者を得ることができました。集会で採択された集会宣言文の内容に関する要請書と、10月31日の国土地理院の活断層図「阿蘇」の公表と立野ダム技術委員会に関する公開質問状を、国土交通省等に提出します。

国土交通省に「立野ダム工事を一旦中止し、県民に十分説明することを求める要請書」と「10月31日の国土地理院の活断層図「阿蘇」の公表と立野ダム技術委員会に関する公開質問状(その8)」を提出します。熊本県知事と白川流域自治体首長に、「立野ダム工事を一旦中止し、県民に十分説明することを国交省に求める要請書」と「世界ジオパーク指定の阿蘇・立野峡谷の柱状節理破壊と立野ダム本体予定地右岸の柱状節理保存に関する要請書」を提出します。

提出します4通の文書です。

立野ダム国交要請書2017.1115

立野ダム公開質問状(その8)2017.1115

立野ダム流域自治体要請書2017.1115

首長宛 柱状節理破壊に関する要請2017.1115
以下、提出時間と場所です。

■11月15日(水)
10:00国土交通省立野ダム工事事務所(9:50同駐車場集合)
13:00菊陽町役場
14:00大津町役場
15:00南阿蘇村役場
16:30阿蘇市役所

■11月16日(木)
11:00熊本県庁地下1階入札室(10:50県庁本館1階ロビー集合)
13:30熊本市役所議会棟3階特別応接室

11月15日、16日に立野ダムに関する要請書と公開質問状を提出します はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

10月31日の国土地理院の活断層「公表」に対する国交省の立野ダムに関する「公表」について

国土交通省は、10月31日の国土地理院の阿蘇の活断層「公表」に対し、「改めて立野ダム建設に係る技術委員会において技術的な確認・評価を行い、立野ダム建設は十分可能」と、立野ダム工事事務所ホームページhttp://www.qsr.mlit.go.jp/tateno/で公表しました。しかし、10月31日の国土地理院の公表と同日に「立野ダム建設に係る技術委員会」を開いて技術的な確認・評価を行い、同日に記者発表をするのは、あり得ないことです。

国交省ホームページを見ると、「立野ダム建設に係る技術委員会」委員長名の文書も掲載されていますが、いつ、どのような形で技術的な確認・評価を行った、などということは全く書いてありません。

ところが残念なことに、今朝の地元紙では、国交省の発表をそのまんま掲載しています。

昨年の熊本地震により立野峡谷では阿蘇大橋が崩落し、立野ダム水没予定地の大半が崩れました。多くの住民が、こんな危険な場所にもうダムは造られないと思いました。しかし、昨年夏に国土交通省が設置した「立野ダム建設に係る技術委員会」は、わずか3回の会合で、同省の「立野ダム建設は技術的に可能」との見解をそのまま認めてしまいました。委員には国交省から天下った人も複数います。国交省が選んだ委員が、国交省の見解に異議を唱えるわけがありません。国交省は、そのような技術委員会の見解を「錦の御旗」に立野ダム建設を推し進め、住民の公開質問状にも答えず、立野ダム説明会さえ開こうとしません。

今回、いつ、どのような形で「立野ダム建設に係る技術委員会」は「確認・評価」を行ったのか。その検証は妥当なものだったのか、徹底検証する必要があります。この件に関し、近日中に国土交通省に対し質問状を提出する必要があります。国交省は、「住民に知らせない、住民の声を聞かない、住民の疑問に答えない」という姿勢を改めるべきです。

以下、国交省ホームページに掲載された資料です。

10月31日の国土地理院の活断層「公表」に対する国交省の立野ダムに関する「公表」について はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類