Monthly Archives: 6月 2017

7月8日(土)18:30九州北部豪雨5周年シンポ

九州北部豪雨から5年が経とうとしています。
7月8日、国土交通省で河川行政一筋に取り組まれてきた宮本博司さんをお招きし、九州北部豪雨5周年シンポジウム「白川と球磨川の安全を考える」~立野ダム・川辺川ダムと河川改修はどうなっているのか? を開催します。
宮本博司さんは、1978年に旧建設省に入り、河川開発課課長補佐などを経て、苫田ダム、長良川河口堰の所長などを歴任。その後、国交省近畿地方整備局淀川河川事務所長として淀川水系流域委員会の立ち上げに尽力。同局河川部長をへて本省河川局防災課長を最後に2006年辞職されました。今回は「想定外とダム」というタイトルで講演されます。皆様方のご参加をお待ちしています。

九州北部豪雨5周年シンポジウム「白川と球磨川の安全を考える」
~立野ダム・川辺川ダムと河川改修はどうなっているのか?
●日時 2017年7月8日(土) 午後6:30開会
●場所 パレア会議室1(鶴屋東館9階)  熊本市中央区手取本町8番9号
●講演 「想定外とダム」宮本博司氏(元国土交通省近畿地方整備局淀川河川事務所長)

チラシPDF版です↓

7.8九州北部豪雨5周年シンポビラ

 

7月8日(土)18:30九州北部豪雨5周年シンポ はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

大津町議会で立野ダムを不安視する意見

6月11日の大津町議会の一般質問で、立野ダムを不安視する意見が出ました。立野ダム予定地直下流の外牧地区に住む山本議員は、熊本地震とその後の増水で仮排水路トンネルがふさがった事実を問題視。「万一、立野ダムの3つの放流孔が詰まれば、最初に被害を受けるのは外牧地区など白川流域住民だ」と懸念を示しました。

大津町議会で立野ダムを不安視する意見 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

国交省による「白川治水パネル展」

熊本市のパレアで開かれている国交省による「白川治水パネル展」を見てきました。公共事業は、税金による住民の「買い物」です。普通、商品のチラシには、商品の機能や値段は必ず書いてあるのに、ここでは値段(事業費)も機能も全く書いてありません。「第一人者が立野ダム建設に問題ないことを確認!」としか書いてありません。その第一人者による会議も、たった3回の国交省の説明を、国交省が選んだ委員が認めただけのものです。あなたは高い買い物をする時に、「第一人者が問題ないと言っている」だけで判断しますか?ちなみに立野ダムのパネルは、一番奥に目立たぬように2枚のみでした。

国交省による「白川治水パネル展」 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

熊本日日新聞記事 取材前線(2017.6.3)

立野ダム建設をめぐる国交省対応の不誠実さを指摘、今後も丁寧な取材と報道を表明した熊本日日新聞記事 取材前線(2017.6.3)です。

熊本日日新聞記事 取材前線(2017.6.3) はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類