Monthly Archives: 8月 2016

8月17日 技術委員会、立野ダム容認の結論

8月17日に開かれた、初会合からわずか3週間の3回目の「立野ダム建設に係る技術委員会」は、あっという間に「立野ダム建設に技術的な課題はない」との結論を出しました。住民はモニターで会場の様子を見ることはできましたが、委員会の会場に近づくことさえ許されませんでした。同省が選んだ7名の委員も、同省の見解に疑問を呈することはありませんでした。

ダム湖予定地の大半が崩落し、多くの断層の存在も明らかになっているにもかかわらず、同委員会は「立野ダム建設予定地に考慮すべき断層はなく、岩盤の健全性に問題はない」。流木や岩石等で立野ダムの穴(高さ5m×幅5m)がふさがる懸念についても「穴がふさがることはない」と結論付けました。

しかし、今回の地震による土砂崩壊とその後の増水で、熊本市内など下流の橋脚には多くの流木が引っかかり、有明海にも大量の流木が漂着しています。それらの大半は阿蘇カルデラ内で発生し、立野ダム地点を通ったわけであり、穴がふさがらないはずはありません。現に、直径約10mの立野ダム仮排水路トンネルの入り口は、土砂や流木で完全にふさがっています。

阿蘇外輪山が立野で切れたのは、多くの断層が集中しているからです。火山地帯のカルデラの切れ目という、立野ダムの立地条件は最悪であり、流域に危険をもたらすものです。国土交通省は立野ダム建設を即時に中止し、917億円の立野ダム建設事業費を震災復興に充てるべきです。

8月17日の「技術委員会」に提出した文書です。技術委員会宛要請2016-8-17

2016-8-18%e7%86%8a%e6%9c%ac%e5%9c%b0%e9%9c%87%e7%ab%8b%e9%87%8e%e3%83%80%e3%83%a0%e5%bb%ba%e8%a8%ad%e5%ae%b9%e8%aa%8d

8月17日 技術委員会、立野ダム容認の結論 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

立野ダムに係る技術委員会の現地調査への要請書

本日8月3日、「立野ダムに係る技術委員会」の現地調査が行われます。国交省の資料を見ると、立野ダム建設予定地周辺を現地調査するとしながら、鮎返りの滝までの立野ダム水没予定地(約3km)の4分の1程度しか現地調査がなされません。黒川・白川合流点から黒川にかけての立野ダム水没予定地が、最も土砂崩壊している場所であり、国交省が本日案内する箇所のみの調査では極めて不十分と言わざるを得ません。立野ダム完成後にこの地震が起こったとしたら、ダム水没予定地周辺の大半の地盤が大きく崩れていたわけであり、ダム上流は多量の土砂や流木で埋めつくされ、立野ダム下部の幅わずか5mの穴がふさがり、洪水調節できなくなっていたのは明らかです。

立野ダムに係る技術委員会の現地調査への要請書を本日朝、国交省立野ダム工事事務所に提出しました。

提出した要請書はこちらです→立野ダム委員会要請2016.8.3

以下、立野ダム水没予定地(点線)と、本日の調査範囲(赤矢印)です。

調査範囲1

調査範囲2

委員は、下記7名の方々です。

一般財団法人 地域地盤環境研究所 理事長 足立 紀尚様

京都大学 名誉教授 岡田 篤正様

国土技術政策総合研究所 佐々木 隆様

土木研究所 地質・地盤研究グループ 佐々木 靖人様

京都大学 防災研究所 教授 角 哲也様

京都大学 防災研究所 教授 千木良 雅弘様

土木研究所 地質研究監 山口 嘉一様

立野ダムに係る技術委員会の現地調査への要請書 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

8月3日「第2回 立野ダム建設に係る技術委員会」の現地調査

今、国交省のホームページあけてびっくりです。

明日、8月3日、「第2回 立野ダム建設に係る技術委員会」の現地調査が開催されるとのこと。先月27日に第1回を開催したばかりなのに、このペースは尋常ではありません。一気に、御用学者の「同意」を得て、立野ダムGO、といきたいのでしょう。困ったものです。詳しくは、国交省立野ダム工事事務所のページを。 http://www.qsr.mlit.go.jp/tateno/index.htm

■「第2回 立野ダム建設に係る技術委員会」(現地調査)の開催について
国土交通省九州地方整備局では、ダムサイト予定地の基礎岩盤の状況等を調査・検討し、技術的な確認・評価を行うことを目的に、「立野ダム建設に係る技術委員会」を設置し、今般、下記のとおり、第2回委員会として、立野ダム建設予定地周辺の現地調査を行いますのでお知らせいたします。
[開催日時]
日時:平成28年8月3日(水)14:00~16:00(予定)
※当日の天候等により、行程等が変更となる場合があります

以下は、7月27日の第1回会議で提出した要望書です。委員会要望2016.7.27

写真は、7月27日の第1回委員会に要望書を出している様子です。

2016.7.27立野ダム技術委要望書提出a

各委員あてに提出した、立野ダム水没予定地航空写真にダム本体と満水時の線を入れた写真です。

立野ダム水没予定地航空写真

8月3日「第2回 立野ダム建設に係る技術委員会」の現地調査 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類