Monthly Archives: 8月 2013

8/23up: 報道:白川中流域 治水対策を 改修促進期成会 国交省に要望書

行政のダム促進陳情の記事です。

白川中流域 治水対策を
改修促進期成会 国交省に要望書

 熊本市など白川流域4市町村でつくる白川
改修・立野ダム建設促進期成会(会長・幸山
政史熊本市長)は22日、昨年夏の豪雨で浸水被
害が出た白川中流域の治水対策を求める要望
書を国交省に提出した。
 白川は八城橋~龍神橋間が国の緊急対策特
定区間、明午橋~みらい大橋聞か国・県の激
甚災害対策特別緊急事業(激特)区間にそれ
ぞれ指定されている。ただ、みらい大橋より
上流の大津、菊陽両町の中流域は整備計画が
策定されていない。
 幸山市長や後藤三雄菊陽町長らが国交省を
訪ね、松下新平政務官と面会。「昨年の豪雨
ではみらい大橋上流の浸水被害も深刻だっ
た。その区間の治水も視野に入れ取り組んで
ほしい」と訴えた。
 要望書では①激特事業の着実な推進③立野
ダム本体工事の早期着工―なども求めた。
 同省は本年度、白川・黒川改修に約41億円
(2012年度補正を含む)、事業継続を決
めた立野ダム関連事業に約24億円を計上
している。 (高橋俊啓)

【写真】国交省の松下新平政務官(左から3人目)に白川
改修の要望書を提出する幸山政史・熊本市長(右
から2人目)=東京都千代田区の国交省

熊本日日新聞 2013年08月23日

8/23up: 報道:白川中流域 治水対策を 改修促進期成会 国交省に要望書 はコメントを受け付けていません。

Filed under 報道

昨日(8/28) の熊本市、熊本県に対する表記抗議時の熊日新聞記事です。

IMG20130828a 立野ダム促進に対する抗議文提出(熊日)

熊日さん、ありがとうございます。

昨日(8/28) の熊本市、熊本県に対する表記抗議時の熊日新聞記事です。 はコメントを受け付けていません。

Filed under アクション, 報道

8/28up: 報道:立野ダム37億9000万円 国交省

立野ダム37億9000万円 国交省

 国土交通省は27日発表した2014年度政
府予算の概算要求に、国営立野ダム(南阿蘇
村、大津町)の本体工事に向けた事業費37億9
千万円を盛り込んだ。
 立野ダムは昨年12月に事業継続が決定。13
年度はダムサイト周辺のボーリング調査費
や、河川をせき止めて仮排水路に水を流す転
流工事費として計28億3200万円を予算計
上している。14年度は要求額を9億5800
万円増やし、大半を転流工事に充てる。
 一方、国が建設中止を表明している川辺川
ダム(相良村)は、国と県、流域12市町村の
「ダムによらない治水を検討する場」の結論
が出ておらず、特定多目的ダム法(特ダム法)
に基づく基本計画の廃止時期も決まっていな
いため、河川管理費や流量調査費など4億8
600万円を要求する。(渡辺哲也)

熊本日日新聞 2013年08月28日

8/28up: 報道:立野ダム37億9000万円 国交省 はコメントを受け付けていません。

Filed under 報道

8/27up: 報道:立野ダム中止求め市民団体が要請書 県に提出

立野ダム中止求め市民団体が要請書 県に提出

 県労連などの会員らでつくる市民団体「い
のちとくらしを守るネットワークくまもと」
は26目、立野ダム大津町、南阿蘇村)の建
設中止を求める要請書を県に提出した。
 要請書は「立野ダムは阿蘇の環境を壊し、
世界文化遺産やジオパークヘの登録を妨げ
る」と指摘。事業費917億円のうち300
億円近くの県負担分を福祉や教育に回すよ
う、蒲島郁夫知事に求めている。
 同ネットワークは2月から10万人を目標に
県内各地で同ダムの建設中止を求める署名を
集めている。県庁を訪れ、河川課などの担当
者に要請書を手渡した上田たか子共同代表は
「阿蘇の貴重な自然を守るのがわれわれの務
め」と話した。(星原克也)

熊本日日新聞 2013年08月27日

8/27up: 報道:立野ダム中止求め市民団体が要請書 県に提出 はコメントを受け付けていません。

Filed under 報道

8/22up: 「世界阿蘇に立野ダムはいらない」9/20(金) 連続シンポジウムpart3

20130920

●とき:9月20日(金) 午後7時(午後8時半閉会予定)
●ところ:市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)大会議室
     熊本市中央区桜町1-3電話096-355-5235
●入場無料

●内容
立野ダム問題とは?
阿蘇と白川は熊本の宝!
住民が考える白川の災害対策
ミニコンサート「ふるさと阿蘇白川」ほか

ごあいさつ

熊本が世界に誇る阿蘇の玄関口である立野火口瀬に、高さ90mの立野ダムが建設されようとしています。
立野ダムは、阿蘇の大自然と白川の清流を破壊します。
また、立野ダムによる治水は非常に危険であり白川流域の安全を守ることはできません。

立野ダムって、どんなダムなのでしょうか?
立野ダムができれば流域はどうなるのでしょうか?

そのような疑問にお答えするために、住民の視点で立野ダム問題についてまとめたブックレットを出版しました。
そして、立野ダム建設をストップさせるために連続シンポジウムを開きます。
皆様方のご参加をお待ちしております。

立野ダムによらない自然と生活を守る会 代表 中島康
ダムによらない治水・利水を考える県議の会 (代表)平野みどり(副代表)松岡徹、鬼海洋一、岩中伸司、西聖一、磯田毅

■連絡先 熊本市西区島崎4-5-13中島康電話 090-2505-3880 nakashima-y@moch

8/22up: 「世界阿蘇に立野ダムはいらない」9/20(金) 連続シンポジウムpart3 はコメントを受け付けていません。

Filed under イベント