Category Archives: 報道

11/29up: 立野ダム反対の学習会 in 菊陽町 11/26

20131128立野ダム学習会in菊陽町 記事a

11/29up: 立野ダム反対の学習会 in 菊陽町 11/26 はコメントを受け付けていません。

Filed under 報道

11/29up: 坂本で行われた「瀬戸石ダムはいらない 住民大会」の大会宣言 県提出記事,荒瀬ダム ほか

2013.11.25県への大会宣言提出記事a

20131128荒瀬ダム撤去 記事a 再生へ 荒瀬ダム撤去 第4部 1(1/2)aa

再生へ 荒瀬ダム撤去 第4部 1(2/2)aa

11/29up: 坂本で行われた「瀬戸石ダムはいらない 住民大会」の大会宣言 県提出記事,荒瀬ダム ほか はコメントを受け付けていません。

Filed under 報道

11/20up: 考・白川 第4部 ① 立野渓谷キャニオニング

11/20 熊日朝刊に立野渓谷キャニオニング記事が掲載されております。
「熊本都市圏」面でカラーです。掲載ありがとうございます!

2013.11.20考・白川 第4部 ①a

11/20up: 考・白川 第4部 ① 立野渓谷キャニオニング はコメントを受け付けていません。

Filed under 報道

11/11UP: 瀬戸石ダムと荒瀬ダム撤去の記事(熊日)

再生へ 荒瀬ダム撤去 第4部 5b

荒瀬ダムの発破解体 適量火薬試験で確認b

11/11UP: 瀬戸石ダムと荒瀬ダム撤去の記事(熊日) はコメントを受け付けていません。

Filed under 報道

11/8up: 再生へ 荒瀬ダム撤去 第4部(熊日)

再生へ 荒瀬ダム撤去 第4部 4a

11/8up: 再生へ 荒瀬ダム撤去 第4部(熊日) はコメントを受け付けていません。

Filed under 報道

10/28up: 昨日の南阿蘇村での学習会の熊日新聞掲載記事です。

20131027 南阿蘇学習会 熊日記事

10/28up: 昨日の南阿蘇村での学習会の熊日新聞掲載記事です。 はコメントを受け付けていません。

Filed under アクション, 報道

10/22up: 20131017考・白川~未来へ

20131016考・白川 森紀子記者

10/22up: 20131017考・白川~未来へ はコメントを受け付けていません。

Filed under 報道

10/5up: 熊本日日新聞さんの考・白川 第3部

熊本日日新聞さんの考・白川 第3部です。
http://kumanichi.com/

考・白川 第3部 ⑤ a

考・白川 第3部 ④ a

考・白川 第3部 ③ a

考・白川 第3部 ①a

考・白川 第3部 ②a

考・白川 第3部 ①’a

10/5up: 熊本日日新聞さんの考・白川 第3部 はコメントを受け付けていません。

Filed under 報道

10/4up: ニュース 立野ダム計画 住民説明会 市民グループ 公開質問状 ほか

立野ダム計画 住民説明会 市民グループ 公開質問状

 国土交通省が白川で進めている立野ダム建
設に反対する市民グループが1日、熊本市東
区の同ダム工事事務所などに対して、同計画
の疑問点をただす公開質問状を提出した。
 ダム本体に計画されている三つの穴(5メートル
四方)が流木などでふさがることはない」
などとしている説明の根拠を求めたほか、「住
民への説明が不十分」として住民説明会を開
くよう求めた。
 質問状は「立野ダムによらない自然と生活
を守る会」(中島康代表)と、ダムによらな
い治水・利水を考える県議の会(平野みどり
代表)の連名。中島代表ら5人が同事務所を
訪れ、「科学的な根拠に基づき、住民に分か
りやすい説明を」と求めた。(森紀子)

熊本日日新聞 2013年10月02日

白川で「水防災体験」 九州北部豪雨の教訓学ぶ 熊本市
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kumamoto/article/42876
 過去の水害を教訓にして防災意識の向上を図る「白川水防災体験」
が29日、熊本市中央区本山の白川河川敷であった。国土交通省熊
本河川国道事務所などでつくる実行委員会の主催で、陸上自衛隊や
消防署、気象台など13機関・団体が出展。昨夏の九州北部豪雨で
ボランティア活動を取りまとめた熊本市社会福祉協議会も参加し、
写真展示などを通して被災した家屋の復旧活動を伝えた。
 会場では道路の冠水を想定した避難訓練もあり、ふたの取れたマ
ンホールや障害物を棒で確認しながら歩いたり、救助ボートに乗り
込んで安全な場所を探したりする練習を実施。実際にあったゲリラ
豪雨を再現する「降雨体験装置」では、1982年の長崎大水害で
記録した1時間当たり180ミリの大雨を体験した。
 熊本地方気象台もブース出展し、重大な自然災害が起きる危険性
が高まった場合に発表する「特別警報」の説明チラシを配布。同気
象台の松尾信二防災気象官は「熊本でも局地的な大雨が増えている。
特別警報の意味や危険回避の方法を周知していきたい」と話した。

【写真】ライフジャケットを着用して救助ボートのこぎ方を学ぶ参加者
【写真】会場内の降雨体験装置でゲリラ豪雨を体験する参加者

=2013/09/30付 西日本新聞朝刊=

豪雨災害を受け 阿蘇で対策協議会設置
http://www.kab.co.jp/pc/auto/news/news_20131002.html#id_1
去年7月の九州北部豪雨で大きな被害を受けた阿蘇で今後の災害対
策について話し合う協議会が設置されました。去年の災害で阿蘇市
内を流れる黒川が氾濫し、浸水などの被害を受けた5つの地区を対
象に県が住宅地を堤防で囲う輪中堤の設置や住宅ごと嵩上げするな
どの対策を計画、2日の協議会で報告しました。しかし、地元住民
からは輪中堤や嵩上げには反対する意見が出され、黒川の川幅を広
げる河川改修を求める声が相次ぎました。また、災害危険区域に指
定されることで土地の評価が下がるのではなど、不安の声も上がり
ました。県では今後、説明会などを開いて住民の意見を聞き、今年
度中に計画をまとめたいとしています。
[最終更新]2013/10/02 18:48:04

阿蘇市の黒川治水策 初協議 住民「河道拡幅を」輪中堤など県計画に難色

 昨年7月の九州北部豪雨で氾濫した阿蘇市
の黒川の治水事業について、県と地元住民ら
が話し合う初の協議会が2日、同市の市内牧
支所であり、住民から河道拡幅など抜本策を
求める声が相次いだ。
 県の担当者が、国の河川激甚災害対策特別
緊急事業(激特)に基づき、5年間で約20
0億円を投じて実施予定の計画案を説明。黒
川流域の一部を建築基準法に基づく災害危険
区域に指定し、住宅地を堤防で囲む輪中堤(わじゅうてい)
を設けたり、宅地かさ上げをしたりする計画
案について、住民らは「阿蘇は観光地だけに、
災害危険区域の指定や輪中堤には抵抗があ
る」などと難色を示す一方、河道拡幅を求め
た。
 これに対し県は「河道掘削などの河川改修
は当然行うが、拡幅は短期間では困難。昨年
並みの大雨が降った場合に備え、5年間で何
かできるかを考えた計画案であることを理解
してほしい」と述べた。次回は10月30日。
 協議会は、黒川流域の5地区(阿蘇西、尾
ケ石東部、内牧、山田、中通・古城)の区長代
表5人と土木の専門家ら計8人の委員と県で
構成。この日、座長に熊本大の山田文彦教授
(応用水工学)を選んだ。(植木泰士、今村浩)

【図】黒川の治水対策計画

熊本日日新聞 2013年10月03日

阿蘇の災害現場を公開
http://www.kab.co.jp/pc/auto/news/news_20131003.html#id_10
九州北部豪雨災害から1年3ヶ月。甚大な被害を受けた阿蘇地域
の今後の災害に備えた復旧工事の様子がきょう公開されました。
阿蘇市小倉の黒川の周辺には激甚災害対策の事業の一つとして約
100ヘクタールの土地に286万トンの貯水が出来る遊水池の
工事が2017年度までに進められる予定です。また冠水した1
000ヘクタールの農地の一部では土砂を使って最大1mの嵩上
げ工事が進められています。

[最終更新]2013/10/03 18:51:14

10/4up: ニュース 立野ダム計画 住民説明会 市民グループ 公開質問状 ほか はコメントを受け付けていません。

Filed under 報道

8/23up: 報道:白川中流域 治水対策を 改修促進期成会 国交省に要望書

行政のダム促進陳情の記事です。

白川中流域 治水対策を
改修促進期成会 国交省に要望書

 熊本市など白川流域4市町村でつくる白川
改修・立野ダム建設促進期成会(会長・幸山
政史熊本市長)は22日、昨年夏の豪雨で浸水被
害が出た白川中流域の治水対策を求める要望
書を国交省に提出した。
 白川は八城橋~龍神橋間が国の緊急対策特
定区間、明午橋~みらい大橋聞か国・県の激
甚災害対策特別緊急事業(激特)区間にそれ
ぞれ指定されている。ただ、みらい大橋より
上流の大津、菊陽両町の中流域は整備計画が
策定されていない。
 幸山市長や後藤三雄菊陽町長らが国交省を
訪ね、松下新平政務官と面会。「昨年の豪雨
ではみらい大橋上流の浸水被害も深刻だっ
た。その区間の治水も視野に入れ取り組んで
ほしい」と訴えた。
 要望書では①激特事業の着実な推進③立野
ダム本体工事の早期着工―なども求めた。
 同省は本年度、白川・黒川改修に約41億円
(2012年度補正を含む)、事業継続を決
めた立野ダム関連事業に約24億円を計上
している。 (高橋俊啓)

【写真】国交省の松下新平政務官(左から3人目)に白川
改修の要望書を提出する幸山政史・熊本市長(右
から2人目)=東京都千代田区の国交省

熊本日日新聞 2013年08月23日

8/23up: 報道:白川中流域 治水対策を 改修促進期成会 国交省に要望書 はコメントを受け付けていません。

Filed under 報道