12月5日提出「立野ダム技術委員会に関する公開質問状」

立野ダム技術委員会に関する公開質問状を12月5日(月)午前10時に、国土交通省立野ダム工事事務所 (熊本市東区下南部1丁目4-73)に提出します。質問事項は以下5項目です。
1.立野ダム建設予定地の地盤は健全なのか
2.立野ダム水没予定地周辺にどのような地すべり対策をするのか。予算や工期を考えているのか
3.立野ダム完成までに30万m3の掘削が必要ならば、予算や工期を考えているのか
4.立野ダム建設予定地に考慮すべき断層はないのか
5.洪水時に流木などで立野ダムの穴はふさがらないのか
また、川辺川ダム事業では20年前にダム説明会を開催し、住民の質問に対しても丁寧に文書で回答している資料も挙げています。公開質問状並びに回答は各報道機関に配信するとともに、当会ホームページで公開します。また12月5日は、これまで提出し、国交省より何ら回答を得ていない3通の公開質問状も改めて提出します。以下、公開質問状のpdfファイルです。

12月5日に提出する公開質問状→立野ダム技術委員会に関する公開質問状2016-12-5

昨年11月に提出した公開質問状→公開質問状2015-11-26

2013年11月に提出した公開質問状→公開質問状2013-1115

2013年10月に提出した公開質問状→公開質問状2013-10-1

12月5日提出「立野ダム技術委員会に関する公開質問状」 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

11月6日(日)熊本地震と立野峡谷写真展

11月6日(日)11時~16時、熊本市のサンロード新市街で「熊本地震と立野峡谷写真展」がありました。多くの人が足を止め、写真を見ていました。南阿蘇長陽出身の方は「こういう形で紹介してもらって感謝している。立野ダムはいらん」と。柱状節理について質問する人、キャニオニングの写真を見て「こんなことがやられていたんですね。すごい」。鮎帰の滝の地震前と後の写真、長陽大橋とそれに至る道路の破損状況の写真にびっくりする人等々、立野ダムのことを説明すると、びっくりして「とんでもない」。RKKの夕方のニュース、7日付読売新聞が写真入りで報道しました。

10-6sun-186-2 10-6sun-189-2 20161107111217_00001

20161106182714_00001

20161106182714_00003

20161106182714_00002

 

11月6日(日)熊本地震と立野峡谷写真展 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

10月15日緊急学習会パート2「熊本地震と立野ダム」を開催

10月15日(土)、パレアで行われた緊急学習会パート2「熊本地震と立野ダム」は、約120名の参加者で会場はほぼ満席となりました。崇城大学名誉教授の村田重之先生(土質工学・防災工学)が、「阿蘇の過去の豪雨災害から立野ダムを考える」と題して講演。阿蘇では過去、豪雨で大きな土砂崩れを繰り返し、スギ・ヒノキを中心とした植林が土砂とともに大量に流出したこと。それらが、橋に引っ掛かり被害を拡大したこと。5m四方の立野ダムの穴はそれらでふさがってしまうこと。ダムではない治水に工夫を凝らすこと。災害に強い森林につくり替えていくことが重要であること等が語られました。

以下、当日の村田先生と、事務局からのプレゼン(pdfファイル)です。

村田重之先生講演2015-10-15

緊急学習会2熊本地震と立野ダム20161015

以下、当日の村田先生と事務局からのプレゼン(動画)です。ご覧ください!

059

060

064

毎日新聞記事2016.10.19です。

%e6%af%8e%e6%97%a5%e6%96%b0%e8%81%9e20161019

 

10月15日緊急学習会パート2「熊本地震と立野ダム」を開催 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

10月15日(土)18:30 「熊本地震と立野ダム」毎日新聞記事

明後日の緊急学習会パート2「熊本地震と立野ダム」の開催が毎日新聞に掲載されました。ぜひご参加ください!
■緊急学習会パート2「熊本地震と立野ダム」
●とき 10月15日(土)18:30開会
●場所 パレア会議室1(鶴屋東館9階)
●講演「阿蘇地域の過去の豪雨災害から立野ダムを考える」
講師 村田重之先生(崇城大学名誉教授)

●入場無料
%e6%af%8e%e6%97%a5%e6%96%b0%e8%81%9e20161013

10月15日(土)18:30 「熊本地震と立野ダム」毎日新聞記事 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

10月15日(土)緊急学習会パート2「熊本地震と立野ダム」

国土交通省は今年8月、技術委員会で「立野ダム建設に問題はない」と結論づけ、来年度にも立野ダム本体工事に着手しようとしています。そこで、土砂災害の第一人者である村田重之氏をお招きし、緊急学習会パート2を開きます。ぜひご参加ください!

緊急学習会パート2「熊本地震と立野ダム」

●とき 2016年10月15日(土)午後6時30分開会
●場所パレア会議室1(鶴屋東館9階)
熊本市中央区手取本町8 番9 号TEL096-355-4300
●講師村田重之氏(崇城大学名誉教授)
演題「阿蘇地域の過去の豪雨災害から立野ダムを考える」

●入場無料

共催   立野ダムによらない自然と生活を守る会  ダムによらない治水・利水を考える県議の会
立野ダムによらない白川の治水を考える熊本市議の会
連絡先 熊本市西区島崎4丁目5-13  中島康 電話 090-2505-3880

%e7%86%8a%e6%9c%ac%e5%9c%b0%e9%9c%87%e3%81%a8%e7%ab%8b%e9%87%8e%e3%83%80%e3%83%a02016-1015_000001

10月15日(土)緊急学習会パート2「熊本地震と立野ダム」 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

会報クマタカ14号

会報クマタカ14号を発行しました。10月15日の緊急学習会パート2「熊本地震と立野ダム」のチラシも同封しています。会員になっていただけそうな方や、ご協力いただけそうな方に郵送したいと思います。希望送付先を事務局あてにお知らせください!

事務局→ogthawks7@ybb.ne.jp

%e4%bc%9a%e5%a0%b114_000001

pdfファイルです→立野会報クマタカ14号2016.10.2

会報クマタカ14号 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

9月30日 財務大臣あて「国営立野ダムに予算をつけないことを求める要請書」

財務大臣あてに「国営立野ダムに予算をつけないことを求める要請書」を、財務省 九州財務局(熊本地方合同庁舎)8階の総務課に提出しました。

財務大臣宛要請書2016-930

2016-9-30%e7%ab%8b%e9%87%8e%e3%83%80%e3%83%a0%e8%b2%a1%e5%8b%99%e7%9c%81%e8%a6%81%e8%ab%8b

2016-9-30%e7%ab%8b%e9%87%8e%e3%83%80%e3%83%a0%e8%b2%a1%e5%8b%99%e7%9c%81%e8%a6%81%e8%ab%8b%ef%bc%92

9月30日 財務大臣あて「国営立野ダムに予算をつけないことを求める要請書」 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

9月17日 国交省と熊本市長に抗議文を提出

9月17日、「技術委員会」に関して国交省と熊本市長に抗議文を提出しました。熊本市長への提出には市議の会4名、住民3名が参加。都市建設局長、河川課長、他1名が対応しました。国交省への提出には市議の会2名、住民5名が参加。総務課長ほか1名が対応しました。

以下、提出した文書です。

国交省あて宛抗議文2016-9-16

熊本市長あて抗議文2016-9-16

2016-9-16%e5%9b%bd%e4%ba%a4%e7%9c%81%e3%81%b8%e3%81%ae%e6%8a%97%e8%ad%b0%ef%bc%91

国土交通省への抗議文提出の様子です

2016-9-16%e7%86%8a%e6%9c%ac%e5%b8%82%e9%95%b7%e3%81%b8%e3%81%ae%e8%a6%81%e8%ab%8b%ef%bc%91

熊本市長への抗議文提出の様子です

9月17日 国交省と熊本市長に抗議文を提出 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

9月10日 毎日新聞記事「立野ダム放流孔ふさがらぬか」

9月10日付の毎日新聞記事「立野ダム放流孔ふさがらぬか」をお送りします。8月の「技術委員会」の問題を分かりやすく、また鋭く指摘した福岡賢正記者の記事です。

%e6%af%8e%e6%97%a5%e6%96%b0%e8%81%9e2016-9-10

9月10日 毎日新聞記事「立野ダム放流孔ふさがらぬか」 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

8月17日 技術委員会、立野ダム容認の結論

8月17日に開かれた、初会合からわずか3週間の3回目の「立野ダム建設に係る技術委員会」は、あっという間に「立野ダム建設に技術的な課題はない」との結論を出しました。住民はモニターで会場の様子を見ることはできましたが、委員会の会場に近づくことさえ許されませんでした。同省が選んだ7名の委員も、同省の見解に疑問を呈することはありませんでした。

ダム湖予定地の大半が崩落し、多くの断層の存在も明らかになっているにもかかわらず、同委員会は「立野ダム建設予定地に考慮すべき断層はなく、岩盤の健全性に問題はない」。流木や岩石等で立野ダムの穴(高さ5m×幅5m)がふさがる懸念についても「穴がふさがることはない」と結論付けました。

しかし、今回の地震による土砂崩壊とその後の増水で、熊本市内など下流の橋脚には多くの流木が引っかかり、有明海にも大量の流木が漂着しています。それらの大半は阿蘇カルデラ内で発生し、立野ダム地点を通ったわけであり、穴がふさがらないはずはありません。現に、直径約10mの立野ダム仮排水路トンネルの入り口は、土砂や流木で完全にふさがっています。

阿蘇外輪山が立野で切れたのは、多くの断層が集中しているからです。火山地帯のカルデラの切れ目という、立野ダムの立地条件は最悪であり、流域に危険をもたらすものです。国土交通省は立野ダム建設を即時に中止し、917億円の立野ダム建設事業費を震災復興に充てるべきです。

8月17日の「技術委員会」に提出した文書です。技術委員会宛要請2016-8-17

2016-8-18%e7%86%8a%e6%9c%ac%e5%9c%b0%e9%9c%87%e7%ab%8b%e9%87%8e%e3%83%80%e3%83%a0%e5%bb%ba%e8%a8%ad%e5%ae%b9%e8%aa%8d

8月17日 技術委員会、立野ダム容認の結論 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類